マッサージで快適な足へ☆

足のだるさを解消するツボ

足のだるさについて

 

私達の体は、疲れがたまってきてしまいますと、体全体が重く感じたり、朝、だるくて起きづらかったりしますよね。激しい運動をした次の日や、体を使い過ぎた時などは、体には疲れがたまり、それがだるさとなって表れてくる事があります。

 

これと同じように、足も、疲れや負担がたまると、だるさを感じ、重く感じたり、動かしたくないような倦怠感を感じてしまう事があります。足もストレスを感じる部分です。足にもストレスフリーな生活をしてあげなければならないので、歩き過ぎや立ちっぱなし、長時間のヒール利用などで、疲れをためすぎないようにしましょう。

 

疲れはだるさとなって表れてきてしまいます。その都度解消していく事が求められてきます。

 

ツボを指圧しよう

 

足がだるい時は、足をマッサージしたり、揉み解す事も、勿論効果的ですが、ツボをピンポイントで指圧する事も、かなりの効果が望めるのです。だるさは放っておくと、その部分に疲れが蓄積されたままになり、いざ本格的に改善していこうと思った時には、症状もひどくなっており、治りにくくなってしまう事もありますので、早めの段階で、ツボ押しなどで刺激し、足の疲れを改善させてあげましょう。

 

足三里をツボ押ししよう

 

足三里(あしさんり)と呼ばれるツボが、膝下の窪みから、指四本分程下がった外側にあります。ここをツボ押しすると、足の疲れもとれ、だるさも軽減されると言われています。指圧する時は、椅子に座りながら指圧しておくといいでしょう。

 

ポイントは、強めに2〜3分指圧する事です。足三里は、「長寿のツボ」とも呼ばれており、力は入らない時や、倦怠感を感じる時に、く効くツボなので、覚えておくといいでしょう。