マッサージで快適な足へ☆

足のだるさと関連する病気

足がだるい時

 

足がだるく感じる時ってありませんか?この足のだるさは、病気のサインでもありあすので、そのまま放っておいてしまうと、とても危険な場合があります。単純に、冷え性が原因で、血行不良になり、だるさを感じる事も勿論ありますが、内臓疾患の症状だという可能性も、大いにあり得るのです。

 

人間ドッグでも、かなりの率で、足のむくみが見られるという方は多いです。いかに、日常生活で、むくみが生じやすいという事が分かります。その中では、深刻な内臓疾患が原因で、足のだるさやむくみが生じていうという人も、決して少なくありません。深刻な病気の早期発見をしていくためにも、足のむくみは、大事な判断材料となっていきます。

 

足のふくらはぎがとてもだるいという場合などには、注意が必要だという点を、よく覚えておきましょう。

 

下肢静脈瘤の可能性もある

 

女性が感じる足のだるさやむくみの原因で多いのが、ヒールの履き過ぎや、長時間の立ち作業です。これらは、足を圧迫してしまし、大きな負担をかけてしまいます。これらが原因の場合には、夕方にかけて、足がパンパンに張ってくるという事が多いです。

 

朝になれば解消されている事が多いですが、習慣になってしまいますと、むくみやすい体質になっていくばかりか、「下肢静脈瘤」という病気に発展してしまう事もありますので、放っておくと、いい事はありません。下肢静脈瘤になりやすいのは、美容師をしている方や、一日デパートなどで立ちっぱなしで接客業を行っている方に、多いようです。

 

足のだるさを改善させるためには

 

足のだるさやむくみは、そのままにしておくのは好まれません。習慣化してしまわないように、だるさを感じましたら、その都度解消していくように努めていかなければいけません。

 

ぬるま湯でシャワーを浴びながら、マッサージをしていったり、夜、寝る時に、足の方にも枕などをセットし、足をのせ、上にあげながら寝るのも効果的です。